口内フローラ お口の健康が生活習慣病を予防

最近話題の、腸内細菌からなる腸内フローラ。実は、人の口の中にも悪玉菌と善玉菌、日和見菌からなる700種類もの細菌が住み着いており、“口内フローラ”と呼ばれています。この“口内フローラ”のバランスが崩れると、歯周病や虫歯などの病気だけでなく、糖尿病や早産、動脈硬化や心筋梗塞のリスクが高まることが明らかになってきて、注目されているのです。

<内容>

口内フローラ お口の健康が生活習慣病を予防

善玉菌と悪玉菌がつくる口内フローラ

人や動物は、病気や怪我をしたときに外からやってくる細菌だけでなく、普段から体内にたくさんの菌を持っていて、細菌とうまく共生しながら生活しています。人の細胞の数よりも、人の体に普段から住み着いている細菌の数のほうが多いくらいです。

体に住み着いている細菌は常在細菌と呼ばれており、特に大腸にたくさんいます。腸内に住んでいる細菌はおよそ400種類・100兆個ほど。それに比べると口の中は約1000億個と数は少ないものの、700種類もの細菌が住んでいるのです。

腸内や口の中のように、たくさんの菌が住んでいる場所では、さまざまな細菌の分布を「花畑」に見立てて、「細菌叢(さいきんそう)」や「フローラ」と呼びます。腸ならば「腸内フローラ」、口の中なら「口内フローラ」または「口腔フローラ」です。

生まれたての赤ちゃんの口の中には、まだ細菌はほとんどいませんが、生後ほんの数日で周りの環境からやってきた細菌が住み着き始めます。歯が生えるとともに菌の種類も変わっていき、やがて大人と同じような口内フローラになっていくのです。

口内フローラの細菌は、腸内フローラと同じように活動状態によってさまざまな利害をもたらします。その中には、口の中の健康を保つ助けとなる善玉菌、虫歯や歯周病を引き起こす悪玉菌、悪玉菌が増えすぎると口の中の炎症や感染症を引き起こす日和見菌などの種類があります。

口内フローラの悪玉菌が増えすぎると、虫歯で歯の状態が悪くなる、歯周病で歯が抜けてしまうといった口の中のトラブルが起きます。それだけでなく、近年では、血流や血糖値に悪影響を与えたり、早産のリスクが高まったりするなど、全身にかかわることがわかってきています。
44439

口内の環境の悪化と関係がある病気・症状

口の中にいる悪玉菌や日和見菌には、虫歯を引き起こす“う蝕病原菌”と、歯周病を引き起こす“歯周病原菌”の2つのグループがあります。歯のケアを怠ったり、食事の取り方が変化したりするなどして口腔環境が悪くなり、悪玉菌ばかりが繁殖しすぎると、まずは虫歯や歯周病など口の中の病気につながっていきます。

口内細菌は、歯の表面や歯ぐきと歯のすき間にこびりつく力が強いという性質を持っています。歯みがき後すぐに、口の中の常在細菌である“レンサ球菌”が歯の周囲に“初期プラーク(歯垢)”と呼ばれる固まりを作ります。この段階で初期プラークを取り除くことができれば、虫歯や歯周病を発症しにくいといわれています。しかし、初期プラークもケアをせずに放置しているとプラークが増えすぎて、きれいな歯には付着できない菌まで呼び寄せてしまいます。プラークがたくさんできると、歯と歯ぐきの周辺に、酸素のない環境で繁殖する歯周病の原因菌が増えやすい場所を作ってしまうのです。

こうした歯周病菌は、人の体にとって毒性を持つ物質や、炎症が起こりやすくなる物質を作り出します。細菌が作り出した物質によって歯ぐきの炎症が起き、歯を支える骨である“歯槽骨(しそうこつ)”が破壊されて歯周病の症状が進んでしまいます。それだけでなく、歯周病菌などの菌が作った物質は、慢性の炎症を起こした歯ぐきを通じて血管など体の組織の内側に入り込んできます。これが重大な病気の原因となるのです。

歯周病との関連が強い病気の代表が、糖尿病です。歯周病にかかった人の口の中の組織では、“炎症性サイトカイン”と呼ばれる、細胞に情報を伝えるたんぱく質の一種が作り出されています。この炎症性サイトカインは、糖の代謝に関わるホルモン、インスリンの作用を低下させてしまい、血糖値のコントロールが悪くなるため、糖尿病が悪化してしまうのです。また、毒性を持つ細菌や炎症性サイトカインは子宮の収縮を促すため、早産や低体重児出産のリスクが高くなるといった影響もあります。

血液の中に入り込んだ歯周病菌は、血管を刺激して動脈硬化の原因となる物質を増やしてしまいます。“アテローム性動脈硬化症”の患者では、動脈の壁にできた“アテローム”と呼ばれる固まりから、歯周病菌のDNAが見つかったと報告されています。

ほかにも、肥満や腎臓疾患、関節炎や腎臓疾患など、歯周病菌によって引き起こされたり、悪化したりする病気がいくつもあります。また、食事を噛んだり飲み込んだりする力が衰えた高齢者の場合は、唾液の量が減り、口の中にカビの一種が繁殖するカンジダ病を発症したり、口内細菌の感染による誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)が起きやすくなったりするなど、口の中の環境は全身に影響を及ぼしているのです。
44435

口内フローラ改善法(1)歯磨きでお口を清潔に

さまざまな怖い病気とつながっている歯周病ですが、予防の基本はいつもの歯みがき。口の中のケアをきちんとして、衛生を保つことが一番です。

夜、寝ている間には唾液の分泌が減り、悪玉菌が繁殖しやすくなります。寝る前には、しっかり歯を磨きましょう。歯ブラシの大きさや硬さは好みに合わせて選んでOKです。歯ブラシを細かく動かして1本1本時間をかけてみがきましょう。差し歯や詰め物のある歯の周囲はみがきにくいため、特にていねいにブラッシングしましょう。大人になると、仕事に生活に忙しく歯の手入れがおろそかになりがちといわれています。歯みがきだけでは落とせない細菌の膜(バイオフィルム)やプラークが硬くなった歯石もあるので、1年に1~2回は歯科医院でクリーニングするのもおすすめです。

口内フローラは、歯や歯茎だけでなく口の内側の粘膜にも住み着いています。こうした細菌の環境を健康に保つには、うがいもおすすめ。水でのうがいは炎症があるときでも刺激が少なく、誰でもできるもっとも手軽な方法です。一手間かけるなら、緑茶うがいもよいでしょう。緑茶に含まれるカテキンの作用で口内フローラの健康を保つ効果が期待できます。粉末の緑茶を使えば、カテキンを効率よく利用できますよ。
44436

口内フローラ改善法(2)善玉菌が好む食生活

口内フローラを健康に保つには、食事も大切です。重要なのはよく噛むこと。口の中は、1日に1.5リットルもの唾液が分泌されていて、常に洗い流されていますが、よく噛むことで唾液の分泌がさらに促進されます。唾液には菌の繁殖を抑える作用や口内の乾燥を防ぐ効果もあるのです。

「甘いおやつを食べすぎると虫歯になりますよ」と子供のころに注意されたように、虫歯菌は、砂糖などが入った、甘く柔らかい食べ物を食べた後に増えやすくなります。反対に、緑黄色野菜は硬さがあります。このように、しっかり噛んで食べる食べ物は、食べるときに歯や口の中の粘膜の表面に当たることで掃除する効果や細菌の膜であるバイオフィルムを壊す効果もあり、歯をきれいにしてくれるのです。

また、食事のはじめに、緑黄色野菜などの食物繊維をたっぷり含む食物を取ることで、血糖値の急激な上昇を防ぐことができます。糖尿病や動脈硬化を予防する意味でも大切ですね。

プラスアルファとして、腸内フローラの健康促進にも欠かせない乳酸菌は、口内フローラの健康アップにも効果があるのではと期待されています。乳酸菌はヨーグルトなどの乳製品に多く含まれています。そのほかにも、乳酸発酵食品であるキムチをよく食べる韓国の人は日本人に比べて口内フローラの環境がよいという報告もあるので、漬物などの形で乳酸菌を取るのもひとつの手ですね。
44437

口内フローラ改善法(3)ストレス解消!楽しくしゃべって笑おう

口内フローラを守る生活習慣は、食事だけではありません。ストレスは唾液の分泌や免疫力の低下を招いてしまい、口のなかの環境悪化の原因のひとつになります。強く緊張しているとき、口の中がカラカラになることがあるように、ストレスを受けると自律神経の働きで唾液の分泌が抑えられます。ストレスが長く続けば“ドライマウス”と呼ばれる口の中が慢性的に乾燥する症状になることもあるのです。

そこで、声を出して笑ったり、表情を豊かに動かしたりする機会を積極的に作りましょう。楽しいおしゃべりと笑うことは、それだけでストレス解消になります。笑うことで免疫の働きが向上するともいわれており、感染症の予防にもなって一石二鳥です。

また、唾液の分泌を促すには唾液腺マッサージもおすすめ。耳の前から上の奥歯のあたりを円を描くようにする“耳下腺”マッサージ、あごの下から耳の下へ押し上げていく“顎下腺”マッサージ、あごの舌を押し上げる“舌下腺”マッサージなどがあります。女性の場合は、こうしたマッサージはリラックス効果、顔を引き締める効果もあり、お口の中の健康にも、美容にもおすすめなのです。
44438

<参考文献>
■上原記念生命科学財団研究報告集,26(2012)
『33.摂食機能が高齢者の口腔細菌叢の構成に及ぼす影響の解明』

■日本細菌学会
『口腔細菌(アクチノマイセス Actinomyces)』

■80歳になっても自分の歯を20本以上保とう
『要介護高齢者の口腔微生物叢について』

■日本臨床歯周病学会
『歯のメインテナンス』

■東京都歯科医師会
『プラークコントロールについて』

■日本口腔保健協会
『おとなのお口の健康』

「口腔ケア」関連記事

広告