プロバイオティクスで体を守る健康な腸内環境へ(風邪、下痢、がん予防・抑制効果)

腸内環境改善で期待できる効果とは


プロバイオティクスは、腸内細菌のバランス、“腸内フローラ”を改善して、人にさまざまな健康効果をもたらしてくれる微生物です。誰もがかかる風邪などの病気から、がん予防にも役立つって本当でしょうか?「どんな食品を食べればいいの?」「より効果の高い食べ方は?」気になる疑問の答えをまとめました。

<内容>

プロバイオティクスで体を守る健康な腸内環境へ(風邪、下痢、がん予防・抑制効果)

プロバイオティクスとは

腸内フローラとプロバイオティクスの関係


人の体には、数百兆個という膨大な数の細菌がすんでいて、重さにすると1~2kgにもなります。この9割ほどが口から腸までの消化器の中にいて、さまざまな種類の細菌がバランスを保ってうまく活動しています。この細菌の種類とバランスのことを花畑や草むらに見立てて、“腸内フローラ”または“腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)”といいます。

生まれる前、お母さんの胎内にいる赤ちゃんには、まだこの腸内フローラは存在しません。生まれるとすぐに身の回りの環境からやってきた細菌が体の中に増え始め、離乳食を食べるころになると、大人と同じように多様な腸内フローラのバランスができてきます。大人の腸内フローラで優勢なのはビフィズス菌ですが、加齢とともにウェルシュ菌や大腸菌など、食中毒の原因にもなる“悪玉菌”が増えてきます。中には“日和見菌”と呼ばれる、腸内環境に応じて良くも悪くもなる菌もいるため、悪玉菌の増殖を抑え、乳酸菌やビフィズス菌などの“善玉菌”が優位となるようにバランスを保つことが、健康を維持して老化を防ぐために大切だと考えられているのです。

腸内フローラのバランスは、加齢だけでなく食生活や病気、薬剤の使用などの影響を受けます。“プロバイオティクス”とは、善玉菌の多い健康な腸内フローラになるように調整してくれる微生物で、宿主(人)に健康上の効果をもたらしてくれます。プロバイオティクスには、ヨーグルトをはじめとする食事でとれるものも多くあります。

アンチバイオティクス


反対に、腸内フローラを大きく乱してバランスを変えてしまうのが“アンチバイオティクス”。アンチバイオティクスとは、微生物によって作られる、ほかの微生物の生育を妨げる物質(抗生物質)のことです。また、下痢やウイルス性腸炎などの症状、病気の後にも腸内フローラが変わってしまうことが知られています。このように腸内フローラが変わってしまっても、食生活でプロバイオティクスを利用することで、薬剤や病気の急激な作用とは違って時間はかかりますが、腸内の環境を改善していくことができるのです。
37898

注目されるプロバイオティクスの種類

種類によって異なる特徴


プロバイオティクスといえばヨーグルト、といったイメージを持っている人も多いかもしれません。プロバイオティクスは非常に種類が多く、乳酸菌の仲間「ラクトバチルス・○○○」やビフィズス菌の仲間「ビフィドバクテリウム・○○○」という名前のものは、プロバイオティクスとして多く活用されています。

ヨーグルトのさわやかな酸味のもとになっているのは乳酸菌やビフィズス菌ですが、通常のビフィズス菌は酸性の胃液や胆汁で死んでしまうことが多いのです。ところが乳酸菌の仲間のガセリ菌には、酸性の消化液がある器官を通り抜けて、生きたまま腸までたどり着くものがあり、整腸作用を発揮してくれるとされています。

漬物や味噌のうまみ、キムチの酸っぱい美味しさのもとになっているのは、乳酸菌の仲間です。カブの漬物から発見されたラブレ菌、キムチやキャベツを使ったドイツの伝統食“ザワークラウト”の発酵と関係があるラクトバチルス・プランタラムなどがあります。
37899

腸が元気で免疫力アップ!予防が期待できる病気

感染症、神経性胃腸炎に有効


プロバイオティクスは、腸で免疫に関わる細胞を刺激し、ウイルスや病原菌を排除する抗体を作る細胞を活性化することで、免疫の働きを高めてくれるといわれています。プロバイオティクスの健康効果として、途上国の乳幼児の死亡原因にもなるロタウイルス胃腸炎(感染性胃腸炎、胃腸風邪とも)の症状を軽くする効果が報告されています。また、抗生物質(アンチバイオティクス)を服用したときに起きる抗生物質誘導性下痢の予防に有効だとされ、院内感染による腸炎を防ぐ効果も認められています。

整腸作用は、プロバイオティクスに対して期待される大きな効果であり、ストレスなどが原因で下痢と便秘が繰り返し起きる過敏性腸症候群(IBS)の症状を軽くするとされています。
最近注目されているのが、風邪やインフルエンザに対する効果です。カナダとアメリカの保健機関によると、プロバイオティクスをとった子供は、上気道感染症(いわゆる“風邪”)の症状が軽くなり、短い期間で回復したり学校を休むことが少なくなったりしたそうです。

花粉症、アレルギー症状改善への期待


まだ研究中ながらも期待されているのが、免疫が強く働きすぎることで起きる花粉症などのアレルギー症状を軽くしたり、がんのリスクを減らしたりといった効果。免疫が適切に働くよう腸内の環境を整えてくれることから、こうした効果が見込めるのではないかといわれています。
37900

プロバイオティクスがとれる食品とは

ヨーグルトから漬物まで


プロバイオティクスがとれる食品といえば、ヨーグルトなどの乳製品がその代表です。「生きたままの乳酸菌」といった効果をうたっている食品の場合は、生のまま食べて、生きた効果を活かすようにしましょう。プロバイオティクスの条件は「適正な量をとること」ですから、1日に食べてよい量が決まっている場合は、むやみに多く食べすぎないことが大切です。

漬物やキムチなどの場合は、必ずしも加熱や体内の環境に強い、生きて腸まで届くプロバイオティクスが含まれているとは限りません。ですが、加熱によって活動が止まった菌であっても、腸で免疫の効果を高めるといった作用があるとされています。また、乳酸菌などが発酵の過程でせっせと作り出した乳酸などの物質は、腸にもともといる善玉菌のえさとなって腸の環境を整えてくれます。ですから、キムチを調理してチゲにして食べたとしても、その効果は十分に期待できるのです。また、木曽の“すんき漬け”やザワークラウトのように、塩分をほとんど使わずに美味しく乳酸発酵させた漬物は、減塩中の人でも安心して食べられます。
37901

プレバイオティクスとあわせて効果アップ!おすすめ食事法

プロバイオティクスを助けるプレバイオティクス


プロバイオティクスを活用するときには、その効果を高めてくれる強い味方“プレバイオティクス”を一緒にとり入れましょう。名前が似ていますが、プレバイオティクスとはプロバイオティクスの働きを助けてくれて、なおかつ悪玉菌には利用されない物質のことです。たとえば乳酸菌のえさとなるオリゴ糖や食物繊維などがその代表です。ヨーグルト(プロバイオティクス)にオリゴ糖の入ったはちみつ(プレバイオティクス)を組み合わせるといった食べ方(シンバイオティクス)をすることで、よりよい効果が期待できるのです。また、プロバイオティクスを十分に活かすには、プロバイオティクスが含まれる食品を胃酸の働きが弱まる食事の最後に食べることで、できるだけ腸へ届けるといった食べ方も大切です。

プロバイオティクスの効果には、「~の働きを助ける」「~の悪影響を減らす」といった説明が多く使われます。あくまでも食品であり、薬のように病気の症状を止めたり治療したりといった効果とは別のもの。規則正しくバランスのとれた食事をする、睡眠や休養をしっかりとるといった、「いつもの心がけ」があってこそ、病気から体を守る効果を発
37902

<参考文献>
■厚生労働省『「統合医療」に係る情報発信等推進事業』「統合医療」情報発信サイト
『経口プロバイオティクス Oral Probiotics』

■NHS choices
『Probiotics』

■栄研化学 モダンメディア 60巻10号2014
『腸内細菌叢の基礎』

■NIH National Center for Complementary and Integrative Health
『The Common Cold and Complementary Health Approaches:
What the Science Says』


■栄研化学 モダンメディア 57巻10号2011
『プロバイオティクスとして用いられる乳酸菌の分類と効能』

「免疫力」関連記事

広告